男性看護師がパワハラに注意すべき病院5つの特徴

パワハラ

看護師は医師の指示のもとに、診療の補助を行う仕事です。その権限を利用した医師の日常的なパワハラで大きなストレスを受け続けることがあります。僕の経験から、パワハラに注意が必要な病院の5つの特徴とデメリットについて説明します。

個人病院であり、病院長が経営者である。

 このような場合、病院長はすべての権限をもつため、自己中心的で傲慢な態度を取りやすくなることがあります。

 医師と看護師の強弱のバランスも大きくなりやすく、日々の機嫌を伺うことで、看護業務に必要以上のストレスが蓄積していきます。

僕たち看護師には、医師を含め、周りの環境を変えることはできません。

どんどん上から押さえつけられるので、長く続けていると、器が小さくなったり、性格が歪んだりしたような心境に陥ります。男性なら特に気になるかもしれませんね。

うつ病になったりする前に、転職して環境を変えることも必要かもしれません。

就業規則が更新されていない。守られていない。

就業規則は、僕たちのような雇われる側ならよく確認しておく必要があります。賃金や休日、手当、退職金などの決まりが曖昧では困ります。経営者の都合で采配するため守られていないこともあるので注意しましょう。

「時間外手当が出ない。出張手当が請求できない。実際には休みが取れない」などよくある例です。

人間社会であり、収益を上げる団体ですから、ある程度は仕方がないこともありますが、度が過ぎるのも考えものでですよね。

雇用されているということは、自分の契約した賃金以外は経営者の利益になります。よく理解しておかないと、長く勤めた後に、気づき後悔することになります。

病院の前に高級車がある。

医師が高級車で通う。見栄を張り、プライドが高い様子が伺える

自分の所有物を自慢し自己肯定感につなげているような医師は、自分が特別な人間であると思いこんでいることがよくあります。

そうなると僕たちはもう下々の人、シモベのような扱いです。

 高級車はもちろん、快適で安全ですし素晴らしいものです。しかしながら従業員の給料が減る一方では疑問がわきますよね。もちろんどんどん増えるなら文句はありませんが、そんなこと聞いたことがありませんよね。

准看護師が責任者である。

准看護師は、医師、看護師の指示に従うものです。

看護師がいるのに、准看護師が管理職であったり、看護師長がいない職場でのキャリアアップが難しいです。

有資格者が、管理職であるかは確認しておいたほうが良いですね。准看護師の方にとっては希望もある職場ですが、免許はまず取得していることが最低ラインです。

キャリアアップしない人が管理者なのですから、推奨されにくいのは当然です。キャリアアップを目的としている場合、その病院の学会や研究会への参加についても調べてみるとよいですね。

指示するのは医師だから、誰に頼んでも関係ないと自分ルールを決めるのは勝手ですが、免許のない人に指示されると嫌になりますよね。医師の言うことを聞かない場合は看護師のくせにと怒られるのにおかしな話です。

特別な関係だと思われるような、強い権限をもつ看護師(准看護師)が采配する。

医師が、いつも恋人のようなナースを側近につけて仕事をしているときには注意が必要です。その看護師が「院長の指示」と言い采配するため、そのナースが強い権限をもつようになって風通しが悪くなります。

そして、そのナースに取り入るのが上手なスタッフとグルになり、陰湿ないじめやパワハラに発展します

これでは、仕事をやめたくなりますよね。管理職とて「院長に聞いてきました。指示です」と言われれば従うしかありません。そもそもチーム全体のことは病院長でも、まず管理職に伝えるというルールを守ってもらわないと、管理などできるはずはありませんよね。

こうなってしまえばもう、恋人ナースと二人の病院です。どうしようもありません。

こんなことをする医師は、気にいらなければ、管理者をコロコロ変えて、退職させるように追い込むことも少なくありません。早く逃げ出しましょう。僕は本当にこれで苦労してきました。

まとめ

どの病院にも、ある程度は「部族の習わし」のような、その職場だけの不思議なルールがあります。しかし働く側として不利なことばかりでは、長く務めることはできません。

経済的に余裕がないや方や真面目な方は、我慢し続けいているうちに洗脳されてしまいます。

日々のストレスが高くなり、おまけにスキルアップもできないのでは、騙されたまま貴重な人生が終わってしまいます。

僕はできるだけ転職したくないのですが、必要なときあると思っています。生業を建てることも大事ですが、自分と雇用する側との目標が、ある程度合わなければ続けることができませんよね。

ストレスを溜めることなく健康的に暮らせることが、人として一番大事です。真面目な人は我慢し続けて体を壊してしまいます。

最後には、辞めると伝えるのも怖くなります「僕はそうでした」。そうなったときには第三者に相談してみることをおすすめします。自分では、冷静に考えられなくなっていますから。


 

コメント