【もう限界】辞めるのも怖い|悩む看護師に退職代行がおすすめな理由

退職代行

本当に嫌になると、やめると言うのも怖い。最後に、さらに嫌なことをされそう。限界まで我慢していると、そんなことまで考えてしまいます。今すぐやめたいのに「迷惑をかけないように退職3ヶ月前までに伝えるべき」など、先人の教えが足を引っ張り、更に気分を落ち込ませます。これが退職前の僕でした。

僕は、管理職なので面接に立ち会うこともあります。近年は看護師は就職面接にも転職エージェントと一緒に来るのが当たり前のようになっています。

退職するときもアドバイザーがいると助かります。なぜなら退職したいときは追い込まれて、まともな判断ができなくなっていることがい多いからです。

退職代行業者には、あなたを、守り騙されることなく退職するノウハウを持っています。それで収益を上げているわけですから

企業「病院」は大なり小なり人を騙して、その気にさせて利益をあげています。退職するとなると、もうひと絞りとケチなことを考えることもあります「本当です」。

多くの方は退職に関して詳しくないと思います。

なぜなら順調に仕事をしているときは、退職のことなんか考えません。考え始めるときは病んだときなので客観的に物事を捉えて調べることもできません。 最後まで、都合よく使われて、もらえるものももらえず、申請できるものも教えてもらえないこともあります。

今すぐ逃げたいから退職するのに、更に不安・ストレスにさらされる。

  • 上司の引き留め
  • 嫌いな上司や、経営者への説明
  • 辞めることは逃げという風潮
  • 数ヶ月先でないと辞めさせてくれない文化
  • やめると伝えてからも仕事に行く辛さ

日本人は、真面目です。事情があってやめるにせよ、仁義が大事とされています。しかし、やめるとなると、更にストレスが掛かってしまうのでは、どうにもならなくなりますよね「こんな国で生きていけません」。

僕は退職したいと、経営者に伝えた時「なんなの?退職金目当てなの」と言われました。

ぼくの心は冷え切りました。それくらいのものです。「生かさず殺さず」利益を挙げさせる道具が、従業員です。福利厚生や上手な言葉は、資本主義社会が生み出した茶番なのです。

真面目な人は、その茶番に乗せられ企業の下部「しもべ」として、真面目で協調性がある人に成長していきます。

正直しんどいです。

鬱になり、面倒くさくなり自殺、ありがちなストーリーです

死にそうなほど辛くてやめたいのに、もう3ヶ月勤めるなんてありえません。

もうどうでもいいのに、なんでそこまでしなければならないのでしょう。

40年勤めて定年退職、寿退社、転勤などなら、企業に協力すれば良いでしょう。しかし嫌でやめたい退職は違います。

本当にしんどいです。こころが更に病みます。すぐに関係を絶ちたいです。環境を変えると決めたのに…

また繰り返しになりますが、真面目で良心がある人は、また自分の気持に折り合いをつけて続けてしまいます。

限界を決める。

  • 部署を変えられたら
  • 降格させられたら
  • 夜勤回数がこれ以上増えたら
  • 残業代が支払われなくなったら
  • 給料がこれ以上減ったら
  • どうしても嫌いな人が上役になったら
  • サービス残業がこれ以上増えたら

自分で、やめる境界線をハッキリ決めておきましょう。

僕は降格させられたら辞めると決めていました。

決めたら、親には相談しないようにしましょう。あなたのためを思って、必ず一度は、もう少し頑張れといいます。今の40~50代は終身雇用が染み付いている世代ですそもそも転職と言う考えがありません。終身雇用が危ぶまれている中、それを美徳とする風潮はまだ、根強く残っています。

  • 僕も親に心配かけたくないと、何度も踏み留まりましたがダメでした。辛くなるだけです。

辞めると決まってなくても、調べてみることは、決して悪いことではありません。

ひょっとして、罪悪感があるのでは…

僕もそうでした。

病院「企業」に洗脳された、何でも思い通りになる「病院に不利益なことはしない」真面目人間になっていました。

今はスマホひとつあれば簡単に、調べることができます。第三者「退職代行業者」の意見も自分を守るために重要です。

【退職代行ガーディアン】

自分が変えることができない事情なら、我慢し続けても、良くなることはありません。自分を削って折り合いをつけているだけなのですから、そのうち限界が来ます。

自分では変えることができないこと

  • 嫌いな人のこと
  • 人との価値観の違い
  • 過去の失敗
  • 勤めている病院「経営者」の方針

人の人生を生きても時間の無駄です。そこには何も残りませんから…

コメント