【お局がいた】人間関係に悩むナースマン実践、具体的な対処法

お局

お局「ベテラン看護師」との関係が、大きなストレスとなって悩んだ経験はないですか。男性看護師なら、大きくうなずくことでしょう。これは女性の職場で、最も嫌なことでしょう。では、いかに解決するか具体的に決めていきましょう。

お局様の采配に、都合が悪ければ以下のようなことがおきます。

  • 仲間はずれにされます。
  • 陰口を言われます。
  • みんなの前でしつこく注意されます。
  • パワハラといえるような言動で怒られます。
  • 派閥グループで攻撃されます。

男性看護師ならこの辛さ分かりますよね「殺されそうです」。

学生時代の先輩なら、卒業したら、いなくなりますが、職場のお局とは、運が悪ければ数十年の付き合いになります。

人間関係は、看護師の退職した理由で上位に入ります。

1結婚・出産・育児
2残業が多い・休暇が取れない
3人間関係
4他施設への興味
4本人や家族の健康問題、介護
6給与に不満がある
7責任の重さ・医療事故への不安
8夜勤
9通勤が困難
10教育体制への不満、進学
看護師の退職理由調査

お局「ベテラン看護師」は仕事ファースト

仕事ファーストである場合、患者さんのことより、自分たちの仕事を優先するようになります。良く言えば、チームのマネジメントを「勝手に」担っています。

彼女たちの目的は…

患者さんや家族に、言いにくいことも言わなければならない

患者さんや家族に、聞きにくいことも聞き出さなくてはならない

患者さんや家族に、できないことは断らなければならない。

医師にうまく動いてもらわなければならない。

男性看護師は優しいだけで頼りない。何かあったらどうするの? お局様の「私はできるオンナなのよ」的な発言でよく聞く言葉です。

男性看護師は患者ファーストなので、そう見えるのでしょう。過去の記事をご覧ください。

なんでこんな人に言われるの…「腹が立つ理由を書くのも嫌になるので…行間を読んでください」

そもそもお局のデキる女「自分が目標とする看護師像」と、僕たちの目標とする看護師像が違うのことが問題です。

ここは歩み寄って‥

男性看護師が一緒に仕事をしていくには、女性社会の政治、人それぞれ、ものさしがあることも理解しておく必要があります。過去の記事をご参照ください。

ここからは、実践に入ります。

まずお局に困ったら、決めてください。

  1. すべて聞き入れて仲間になる「派閥に入る」。
  2. 筋道が通らないことは正当に反論する。
  3. いじめは無視して、淡々と仕事に打ち込む「職場の大半は良い人なら、それもよしとする」。
  4. 人間関係の辛さは我慢して、一生懸命勉強する「我慢して、自分が出世するまでの修行だと思う」。

僕は、1.は嫌なので2.3.4.を実践しました。

現在の職場で、調べて確認しておくこと。

  • 自分のなりたい看護師モデルが、そこにあるか見定める。
  • その職場で勉強することで、自己実現できるか見定める。
  • 賃金が将来、増える見込みがあるか調べる。
  • 自分の年齢で、転職、起業、資格取得などの、スキルアップができるか調べておく。

まとめ

優柔不断で、忍耐強い僕が、自分の人生を生きるために決めたルールです。

僕は、「正当に反論する。一生懸命勉強する。女性の人間関係に入るのは諦める」と決めて淡々とスキルアップしてきました。

風通しの良い職場に恵まれることが一番ですが、「社会に出ると7人の敵がいる」と言われています。実際に、考え方は人それぞれなので、周りがすべて良い人なんて職場はありません。

僕の経験から、男性看護師の皆様に伝えたいこと。

  • 長い間、納得のできないことを続けていると、自信が持てなくなり、行動も挙動不審になって、かっこ悪くなります。
  • 長い間、嫌なことを仕事にしていると病気になります。
自分の目標や信念をもちましょう。しばらくして振り返ってみたときには進歩がわかります。


コメント