【2022年最新】まじめな男性看護師に忍び寄る、貧乏マインドを追い払え。

貧乏マインド

男性看護師は、医師やお局から、押さえつけられ肩身の狭い思いをしがちです。毎日、波風立てないように気にしていると、陥ってしまうのが貧乏マインドです。すぐに自分の中にいる貧乏神「貧乏マインド」を退治して生産性の高い一年にしましょう。

ジャック・マーの名言【貧乏マインド】をご存じでしょうか?

貧乏マインドの人に尽くすほど最悪なことはない。

何かを無料プレゼントしたら、「これは罠だ」と非難する。

「少額投資で大丈夫」というと、「じゃあ、儲からないじゃん」と文句を言う。

「多額の投資が必要」というと、「そんな金ない」と文句たらたら。

「新しいことに挑戦しよう」と誘うと、「経験がないから無理!」と諦める。

「伝統的なビジネスだよ」というと、「じゃあ成功しないね!」と却下される。

「新しいビジネスモデル」というと、「ああ、MLMか」と決めつける。

「店を経営してみたら?」というと、「自由がなくなる!」と主張。

「起業してみたら?」というと、「プロじゃないから無理」と受け入れない。

貧乏マインドの人たちの共通点とは、Google検索が大好きで似たような貧乏マインドの友人の話ばっかり聞いて慰めあってる。

口先だけは、大学教授なみでも行動は、盲人以下。

彼らにこう聞いてみて、「じゃあ、あなたは何ができるの?」何も答えられないから。
私の結論は、言い訳を熱弁してる暇があったら、もっと素早く行動に移せばいい。

いつも考えているばかりよりも、何か実際にやってみたらどうか。

貧乏マインドの人は、ある共通点により人生を失敗します。
ずっと待ってるだけで、自ら何も行動しないからです。

https://min8.net/jackmaquote-470

熱い気持ちになります。

ジャック・マーのように今すぐ行動したいのですが…看護の仕事では、そうはいかないのが現状ですよね。

ナースマンが貧乏マインドに取りつかれやすい理由

男性看護師の仕事

  • 新しいことを始めるにも、医師の指示「許可」がなければ動けない。
  • 職場で、女性「お局」のルールと違うことをすれば、人間関係が難しくなる。
  • つい、いい人のように我慢し続けてしまう。
  • 継続しようにも、まず、なかなか協力が得にくい。
  • ストレスから愚痴や傷のなめあいの話に入ってしまいやすい。

男性看護師を長く続けていると波風立てないことばかり気にしてしまいます。日本人の美徳とされている「我慢」することが染みついいています。これが染みつくと貧乏マインド「貧乏神」が取りついた陰のある顔になってしまいます。

貧乏マインドに陥ると…

  • 今の生活を変えたくない「変えて、さらに悪い状況になるのが怖い」。
  • 無駄な出費を抑え、いつか仕事をやめたいとケチケチしてしまう。
  • 自己投資にも消極的で、すぐに行動しないので、新しいものにふれる機会がなくなって、いつの間にか時代に取り残されてしまう。
  • ストレスから逃げたくて、生産性がない趣味にお金を使ってしまう。
  • 毎日活力がないので勉強しない「堕落した生活習慣に溺れる」。

お金の原理についても思い出しました。

お金がある人の所に、よりお金は集まり、貧乏な人からは、お金が逃げ、より貧乏になる法則が働いている。

さて何から改善するべきか?

変えることができる2つのこと

  • 思考を変える。
  • 行動を変える。

成功者は、物事をいい方向に進める思考・行動を知っています。

貧乏な人は、身の丈に合わない思考・行動をしていると言われます。

ジャック・マー氏は、知識だけで行動しないのは最悪だと「僕の受け取り方」言っています。

実際に行動した結果に成功があるのです。行動しないのに成功はあり得ません。

貧乏な人がやりがちなこと

  1. 無駄なことに時間を使っている。
  2. 無駄なことにお金も使っている。
  3. お金が無いが口癖
  4. 傷のなめあいをする。
  5. 勉強しない。

お金が寄ってくる人の習慣

でも、だけど、そんなことを言う前にやってみようと言います。

お金持ちは貧乏な人と真逆の行動や習慣があります。

  • 考えることが人と違う。
  • 行動するのが早い。
  • 行動する量が多い。
  • 行動を継続する力が強い。
  • すべて自分の責任。

まず言い訳をやめて行動をしてみる。

口を動かす前に手足を動かす。

失敗からの経験は貴重です。行動しなければ失敗は少ないですが、貴重な経験もできません。

結局、貧乏マインドでは成功できる可能性が低くなります。

思考と行動を変えて行くしか方法はないのです。

収入が、低いからといって必ずしも生活に困るとは限りません。収入が僕たちと変わらないのに、なぜかお金に余裕がある人がいます。逆に、はるかに収入が高い人でも、いつも困っていてケチケチしている人もいます。

男性看護師の仕事では現状、思い通りにできません。毎日、うまくいかないと反芻思考で考えているところから間違っています「過去の記事を御覧ください」。病院という他人の畑を耕して、自分の時間を切り売りして、お金をもらっているだけです。そもそも自由にできるわけがありません。

考え方を変えましょう。看護師の仕事は、あなたを支える一部のものです。その時以外は、あなたが中心です。あなたの時間は、かけがえのない自分のものです。

他のことを変えていけばよいのです。

職場を出たら、あなたはジャック・マーになってください。

看護師をしなくても、生きていけるスキルを身につけると考えれば、好転していきます。過去の記事を御覧ください。

  1. 時間を大切にする。
  2. 自己投資にはお金をかける。
  3. 自分に役立つ勉強を続ける。
  4. すぐに行動する習慣を身につける。
  5. 目標を決めて始めたら継続する。
  6. 経験や失敗から学ぶ。
  7. 自己責任と考えて愚痴を言わない。
  • 貧乏マインドとは、言い訳ばかりして行動しないこと
  • 口を動かすのをやめて手を動かすこと
  • とにかくやってみて失敗して考える。
どんなスーパーマンでも、一日は24時間しかありません。お金持ちは、自分の時間が有意義になることにお金を惜しみません。作り出した時間で、さらに何かに挑戦して、経験を積み重ねているのでしょう。

2022年、早速マインドリセットで最新の男性看護師に。これで貧乏神とは、お別れですね。

コメント