いもけん

医師との人間関係

【男性看護師必見】ドクターとの厄介な人間関係に悩んでいませんか?

医療現場での人間関係において、男性看護師が女性との人間関係で困ることは、よく取り上げられます。ところが、実は男性看護師最も深く真剣に悩むことは、医師との関係です。 なぜかクローズアップされにくい、医師と男性看護師の問題。 まず医師をタイプ別に分けて、その特徴と、より良い関係について考えてみましょう。
セルフマネジメント

【必見】男性看護師は、カッコ悪いとダメ。今すぐマネジメント!

男性看護師は、メディアでは頼りなく、カッコよくないイメージが作り上げられています。そして多くの方は、先入観から知的レベルが低い印象を持たれています。ならば、なおさら男性看護師はカッコよく、魅力を下げないように、マネジメントしなければなりません。
お局

【お局がいた】人間関係に悩むナースマン実践、具体的な対処法

お局「ベテラン看護師」との関係が、大きなストレスとなって悩んだ経験はないですか。男性看護師なら、大きくうなずくことでしょう。これは女性の職場で働く上で、最もストレスになることではないでしょうか?ではどうするか具体的に決めていきましょう。
モチベーション

【男性看護師なら分かる】一人の時間が自分を取り戻すモチベーションになる理由

男性看護師は、人とのコミュニケーションを取ることが多いですよね。僕は人と話すのが嫌いではありません。ところが医療チームでの申し送りや、患者さんとの会話など、帰宅する頃には、話をしすぎて頭が重く感じます。そこで一人の時間が、モチベーション維持に必要となります。
退職代行

【もう限界】辞めるのも怖い|悩む看護師に退職代行がおすすめな理由

本当に嫌になると、やめるというのも怖い。最後に、さらに嫌なことをされそう。限界まで我慢しているとそんなことまで考えてしまします。今すぐやめたいのに「迷惑をかけないように退職3ヶ月前までに伝えるべき」など、先人の教えが足を引っ張り、更に気分を落ち込ませます。これが退職前の僕でした。
迷惑行為

血液透析編【看護の闇】迷惑行為を繰り返す患者との付き合い方

慢性腎不全になると、殆どの患者さんは、生涯透析療法を受け続けて命をつなぎます。そこで働いてきた僕の30年の経験を振り返り、長く付き合うのに心底困った、難しい患者さんの特徴と実践的な対応方法をアドバイスします。
スキル

【自覚しよう】男性看護師の可能性|生き残るために必要なスキルとは

看護師としてのスキルアップは個々の課題です。ところが病院という環境で安心していると社会に取り残されてしまう危険があります。まず看護師は、ブルーカラーであることを自覚して下さい。いくら秀でていても医者のようになることはできません。僕の経験から、その病院の仕事しかできない社会不適合者にならないために必要なスキルや心構えについて解説します。
働き方

男性看護師なら患者ファースト|患者さんに信頼される気配りとは

看護師は女性の仕事という認識が強く、男性看護師なら肩身が狭い思いをしたことがありますよね。しかし悩んでも、女性のようにできるわけではありません。重要なのは、男性は男性らしく患者さんから必要とされることです。僕の経験から、男性看護師が患者さんと信頼関係を構築する方法をまとめてみました。
ストレス

【看護師向け】あなたは大丈夫?ストレスフルが続いている危険な5つの信号とは

看護師は、診療の補助として便利屋扱いされ気苦労することが多いですよね。仕事とはいえ、それが積み重なると、ストレスで心や身体にに変調をきたします。僕の見てきた、病んでしまった看護師の特徴やそのときの危険信号を解説します。
働き方

男性看護師がリードして喜ばれる業務管理とは

女性の職場かつ、医師の管理下で働く男性看護師は、上から下から女性から、出る杭打たれやすい立場ですよね。そんな中で、僕が15年間独占して続けてきた、男性看護師がリードして喜ばれる業務管理とその理由を説明します。